紙の月をみたよ

忘れないうちに書いとく。

 

最初にいっとくと俺は角田光代の大ファン。好きな作家を聞かれたら即答するくらいファンです。

この人の小説の魅力はなんといっても人間の内面を抉りだすような心情の描写。

これは小説ならではの力で、人間の意思を文字と文字の間に潜ませるような文章は映像化に向いていてないと勝手に決めつけておりました。だから自分はこの人の作品の映像化には手を出してませんでした。ファン故に。

でもあの「桐島部活やめるってよ」の吉田大八監督が「紙の月」の監督を担当すると聞けばさすがに気になります…。

「桐島部活やめるってよ」も俺の大好きな朝井リョウ原作の傑作です。それを映画化した際にも吉田監督は原作の美味しいところを活かしながら、自分なりの演出を凝らして別物(といっていいかも)に仕上げました。

俺は小説の映像化にはこれが無いとつまんないと思ってます。原作に忠実な映画化なんて何の意味も無い。もっと、見てるだけで「ああ、この人はこの原作のこの部分を、この人のこれに焦点を当てたかったんだな。てことはこの監督さんはこういう人なのかな」って想像をかきたてるようなものが映画化の正解だと思ってます。

今年6月公開、俺の大好きな「渇き。」って映画も、原作とは全く違うニュアンスです。原作のバイオレンス描写をもっと映像的にわかりやすく、小説では表せない「音楽」の描写でより尖った若者を表現した。

どっちが良いってことではないけど、それぞれ作者の色が出てて大変好ましい。

 

だからこそ、俺みたいな原作ファンが文句たれる原因にもなるんですけどね。

 

 


さて、「紙の月」ですが、この原作を読んだのは結構前で細部まで覚えてません。個人的には…面白かったけど他の角田作品ほどぐさぐさ来なかったんだろうか。女性性が強すぎたのかも。

でもこれが角田光代を代表する一作なのは間違いない。いつものこの人が描く、と言ってもいいだろう普通の、比較的社会的に恵まれた立場の一般女性が主人公。この人の小説にしては比較的展開の起伏が激しい作品だと思う。

 

原作では、主人公は上品できれいな人、くらいの描写でしたが映画ではなんと宮沢りえさん主演。

とんでもないスターが出てきたものです。

これも意見の別れる所で、角田作品の肝は主人公の、登場人物の実存感。宮沢りえなんて普通の社会においそれと居ねーよ! と思ってしまいますけど、さすが気合の入った演技と吉田監督の巧みな演出でそれをカバーしました。

というのも、俺の印象では制作サイトが宮沢りえの光り輝くスター性を隠す方向にシフトした演出を施すのではなくて、隠し切れないスター性を抑えこむのではなく、抑える演技は彼女に任せてむしろ魅力的に見せようと、「美しい女性」として宮沢りえを撮っているように見えました。

 

だからこそ光太の行動にも説得力が出てくる。そりゃあんな女の人が家にいたら惚れるわな。

 

そして映画は彼女の企みのせいでどんどんドラマチックに。手に汗握る展開が続きます。

 

俺は角田作品の特徴の一つに、「淡々と話が進む」ことがあると思っています。「紙の月」はその中でもスリリングな話運びな話ですが、他の作品では何も起こらないことも結構ある。起こってもささいなもの。そのささやかな話のなかにおいて、登場人物が思い描いたことをこっちが読んで打ちひしがれる、というのが角田作品の正しい楽しみ方です。

 

でもそれじゃあ映画としてはダメ!

吉田監督はその原作を、オリジナルキャラとオリジナルの展開を用意して、観客にハラハラさせる仕掛けを多数用意してくれました。

 

詳しくは言いませんが、色々あったラストのシーン。

梨花は原作ではあそこまで派手な行動に出ません。でも確かに、原作には「いますぐすべてを捨ててここから逃げたい」的な心理描写があったと思う。

吉田監督はそこに「そうすればいいのに」と思ったんでしょう。だからこそのラストの展開だと思う。原作の梨花は、もっと落ち着いて周囲の人、光太などに語りかけたりしながら行動します。

 

ここの行動の別れ方に吉田大八、角田光代の人間性が出てると思います。

どちらが好みなのかも、その作品に触れる人の人間性が出ますよね。よりドラマチックに、映画的なエンターテイメントに満ちた「紙の月」も、角田作品特有の会話と心情描写巧みな「紙の月」も、どっちも傑作です。

 

個人的なハードルが上がってた映画だけど、ちゃんと面白くてよかった。

好きなブログで思い起こしたのはピピピピピさん

今週のお題特別編「好きなブログ・おすすめのブログ」 #はてなブログ は3周年

 

久しぶりにお題に乗っかってみようと思います。

好きなブログ、読んでる時にわくわくするブログはここかな。

 


ピピピピピがブログを書きますよ。

 

このブログはどんなブログなのか、説明がとてもむずかしいです。

書き手(ピピピピピさん)が、自分の悩みや考えを淡々と吐露するブログ、と聞くと珍しいタイプのものじゃないと思ってしまうけど、問題はその文章の熱量。

きっとキーボードに向かってると言葉が次々溢れてきちゃってんだろうなあと想像できる言葉の波、渦。

その文章の内容も、ゲスだったり下品な悩みだったり体験だったり、ひどいもんです。

俺はここを読むときいつも小説を読んでる気分。荒々しい私小説を読んでるみたいな。

このブログみたいな、読みながらにこの人の人間性、人格が伝わってくる文章が大好きです。小説もそう。反対に、格式張ってたり上品に他人の目を意識した文章は大嫌い。

このブログは、記事を読むだけでこの人の考えが頭に入り込んできて、共感とは違う同調を強いてくるようなブログです。これはすごいことです。本当の感動や感銘は、共感の向こうにあるんです。たかがネットのすみのブログなのにこれだけの熱量をぶつけられるのはすごいことだと思う。

 

しかもこの人は小説家を志望して、実際賞に応募したという。

実際書いてみるとわかるけど、小説を書き上げるってのはすごく大変なこと。小説を書きはじめるってのと、長編を書き上げるっていうのは全然違うタイプの苦労を要する。しかもそれを応募するとなると相当の熱意を持ってないと。世にごまんといるだろう小説家志望のほとんどはここまでいけない。そもそも小説を書き始める地点にも到達できない人も多いだろうことを思うと、賞賛に値します。

 

あとこの人を語る上で避けて通れないのがこの出自というか成り立ち。

自分でよく話題にされますが、この人はかなり恵まれた家庭環境におられるようです。

一人暮らしの時にも結構な額の仕送りをもらってたようです。今もお父さんの会社で働いているとか。

正直けしからん、羨ましい、と思わずにはいれませんが、俺は小説家になるための要素として「モラトリアムに思いを巡らせる」ことが大事だと思っています。

働いていたりなかったりするモラトリアムは楽な反面暇な時間は苦しいもの。この時の経験と頭に巡り巡った思いが、文章を構成する上でかなり役に立つと思っています。この「空白期間」が文章の魅力を増す秘訣です。

 

この人の文章がドロドロしてぐちゃぐちゃで、助けを求めてるようにも他人を拒否してるようにも見えるのは、その混沌とした期間の積み重ねによるものではないか。そう思います。

正直この人の文章にはあまり共感できない部分も多いです。ですが、確かに自分と似通った部分も見えたりすることもあり、そう思ったそばからまた遠くに行ってしまうような、そんな不思議な印象を受けます

これはなかなかプロでもお目にかかれないタイプの書き手なので、一読の価値あり。これからも共感の向こう側に連れてって欲しいです。

 

小説とかフィクションにふれる

前にどっかのブログかなんかで、「街なかで窓に写ってる自分をいちいち見るのは、ナルシシズムとかじゃなくておかしくないか確認してる」(うろ覚え)

みたいなのを読んだ。

自分に自信がないからそういうもので自分を確認するんだと。

 

なるほど確かに道理が通ってる。

俺が一時期ブログで人の失敗談とか、一人称で話が進んで主人公が後半他の登場人物になじられるなりして「なんて俺はひとりよがり野郎だったんだ」みたいな話ばっかり読んでたのもおんなじような理由で、俺は人の下手こいたって体験談を読むことで、必死にそれを反面教師にしようとしてたんです。

 

「なるほどこうすると人はこう思うのか」を知っとかないと安心してコミュニケーションもできたもんじゃない。

例えるならなんだろう。ピッチャーの配給グセを覚えてから対戦するみたいな…。

 

俺はもう大丈夫だつって行動しても結局痛い目見るんですけどね。

どうすればリスクを減らせるんでしょうね。

 

でも自分と似たタイプのキャラクターに共感しきった後、そのキャラクターが成長したりすると自分のことみたいに嬉しいし、それを励みに自分も頑張ろうって思いますよね。

やっぱりフィクションっていうのは普遍的にどの時代もお手本の役を買ってたんだと思います。

 

でも最近読んだこれみたいな

 

メタモルフォシス

メタモルフォシス

 

 主人公に一ミリも共感も同調もできなくても得られるものは確かにあるから、やっぱり幅広く知っておくことで実生活にも活かされるんじゃないかなと思います。

 

もちろんこういうふうにフィクションに触れるのは楽しいからって理由もあるわけで、そこから何かを得ようとかそういう気持ちは浅ましいのかもしれませんね。

定期的に思い出して、観る映画

というものがあります。

誰しもあるのかはわかりませんが、俺にはあります。

 

俺にとってそれはデビッド・フィンチャー監督作、1999年公開の「ファイトクラブ」です。

 


ファイト・クラブ (Fight Club) - YouTube

 

有名っちゃ有名なのか、その筋の好き者には人気な映画です。

映画人が選ぶランキングにはいつもしれっと上位にいたりします。

 

あらすじは、エリートサラリーマンが閉塞感に苛まれてそれをこじらせて不眠症に陥り、医者のすすめでがん患者などの集いに出席することで生の実感を取り戻した"主人公"はその後もいろいろな集いに顔を出して謎の女と出会ったり、飛行機で妙な男に出会ったりするが、その後自宅マンションに帰ると家が何者かに爆破されていて…

 

ってかんじです。

初めてみたのは5年前くらいでしたか。これを気に入る人っていうのは主人公に少なからず共感したり似たような心情を抱えて生きてると思っているので俺は今よりもっと若い頃からそんな感じでやってるんでしょうな。今後もそうでしょう

 

この時代のアメリカってのは、まだ911のテロも起こらず、リーマン・ショックも起こっていない、日本でも関東大震災の予感すら無く。色々あるだろうけど平和っちゃ平和な時代。

 

そんな20世紀終わり。焦燥感と不安と希望に世界中が包まれていた時代だからこそ生まれた映画なのかもしれません。

みな一様にそんな気持ちだったからこそ、主人公には名前がありません。

主人公は観客である、今映画を見てる自分ということです。

 

そして時は流れて2010年代。21世紀の空気にも慣れ、より凄惨なニュースが流れている昨今でさえも、この映画は現代人に刺さるものだと思っています。

現代は刺激的な情報にあふれていて、それに触れるのが簡単な時代です。インターネットの普及であっという間に身の回りは情報に囲まれてしまいました。

本当ならもっと考えるべき事柄も、次つぎ流れてくるニュースに反応するので精一杯で、どんどん無関心になってる。

誰々が死んだ、どの政治家がどうだとか。あの事件の真相は。当事者が語る。暴露もクソも無い。

 

なんかそんなことにモヤモヤしてたのかもしれません。この映画に出会った時。

ちゃんとここにいるって実感が欲しかったのかも。

映画の登場人物たちもそれを求めてファイトクラブでファイトに興じて血だらけになります。

殴ってる時、殴られてる時だけは生きてる実感を感じるから。

 

ものと情報の量が増えすぎた今ではこの映画はまた意味が変わってこの映画は生まれなかったかも。

あのラストシーンは過去との決別にも見える。

この映画は今の時代には撮りえなかったことを思うと、どこかドキュメンタリーみたいな意味すらあります。

同時に普遍的な意味すら感じる。いつの時代にも通じる名セリフもたくさんある。

「職業がなんだ?財産がなんて関係無い。車も関係ない。財布の中身もそのクソッタレなブランドも関係無い。お前らは歌って踊るだけのこの世のクズだ」

SNSとかで取り繕うことが増えた現代こそ響くセリフなのかもしれません。

ラストシーンの解釈にもいろいろ振り幅があるけど、俺は好意的に受け取りたい。開放されたんだと。で、それに心打たれている観客を見て、タイラーダーデンは笑ってる。

 

この映画は過去の鬱屈した思いが生んだ、貴重な記念碑的映画だと思う。

今後も大事にしていきたい映画です。

 

ガーディアンズオブギャラクシー、最高にダサい最高の映画だった

全員が犯罪歴をもつお尋ね者たちがチームを組み、銀河滅亡の危機を阻止する戦いに巻き込まれていく姿を描いたマーベルコミックの映画化作。自らを「スター・ロード」と名乗り、いい加減な性格でプレイボーイなトレジャーハンターのピーター・クイルは、ある日、惑星モラグの廃墟で謎の球体「オーブ」を見つけ、盗み出すことに成功する。しかし、そのオーブは銀河を滅亡させるほどの力を宿したパワーストーンで、暗躍する「闇の存在」が探し求めていたものだった。オーブを狙う者たちに追われ、凶悪犯だけが収容されるという銀河一危険な収容所に入れられてしまったピーターは、そこで一緒になったロケット、グルート、ガモーラ、ドラックスと協力して脱獄。たまたま利害関係が一致しただけで信頼関係もない5人は、内輪もめを繰り返しながら逃亡を続けるが、そんな彼らに「闇の存在」の魔の手が迫る。


映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』予告編 - YouTube

 

最高です。

個人的に「渇き。」は好きすぎるけど、あんま人に勧めづらい向こうと違ってこっちは誰が見ても面白い。老若男女大興奮間違いないっす。

 

誰もが思ったことでしょう。

あのアライグマ押しの予告編がテレビで流れてるの見て、「ああ、つまんなそう」と。

かくいう俺もそうでした。でもなんだか様子がおかしい。みた人誰もが口をそろえて面白いって言う。芸能人一般人みんな面白いって言ってる。

まあ見る気はあったし、近所でやってるし行くか、くらいのテンションで行きました。

 

そしたら最高でした。120満点

 

映画は主人公のかわいそうな生い立ちからスタートして、時間が経ち、舞台は地球から宇宙へ。

 

子供だった主人公は、唯一のお母さんの思い出であるカセットテープとウォークマンを手に、ロクデナシ(主人公のピーターもそう)と力を合わせて銀河の危機に立ち向かいます。

例のアライグマ(ロケット)含む味方のエクスペンダブルズ感が半端ない。

その有象無象の集団は初め自分の目的を達成するため自己中心的に動き出しますが、たまに手を合わせたりしながら行動するうち、

「あれ…? よくよく考えたら俺ら目的一致してるし、一緒に動いたほうが効率いいな。しかもついでに銀河の危機守れるじゃん」

というノリで力を合わせ始めます。寄せ集めがイヤイヤ協力してるからはじめは全然咬み合わないバラバラっぷり。でも後半はどうでしょう。仲間、仲間と口々に言って、最後の展開は胸が熱くなって涙腺も熱くなること必至。

あのセリフがこんなに効いてくるなんて。 

 

単純に設定や町並みもすごい。色々な映画で見慣れた「宇宙の町並み」より一歩進んだ綺麗で雄大な街の風景を観ることができます。スターウォーズをはじめて見た時もこれに似た感動があったんだろうな。

個人的な見どころはたくさんあるけどやっぱりラスボス戦。あのシーンがこの映画を表してると思う。ちゃんと暗くしないで全編通して笑わしてくれる。 

 

あと、この映画の良さを支えているのはなんといっても音楽。ピーターが唯一地球から持ってきたウォークマンから流れる70'sの名曲の数々。

この映画みたあとは絶対にサントラが欲しくなります。聞き覚えがあるかなって人も全然聞いたこと無いって人もそれぞれ違った楽しみ方ができるんでは。

意見が分かれてるけど俺はサントラを聴くのはみた後がいいと思います。

どんな曲がどんなタイミングで流れるのかって楽しみもあるので。みんな褒めてるけどラストの曲の使い方が素晴らしい。ぜったいにあれは泣く。

 

続編も間違いなさそうだし、楽しみにしときます。

 

 

まみタスのおにぎりについて

<高校野球>記録員は勝利の女神 春日部共栄・三宅麻未マネジャー

 

是非を問う、みたいなムードのこのニュースですが、僕は最初にこれを読んで感じたのは「納得」でした。

ああ、それは練習頑張るわな。かわいいマネージャーが握ったおにぎり食べりゃそりゃやる気出るわな。って

 

彼女はおにぎり作り集中のため、最難関校受験の選抜クラスから普通クラスに転籍したそうです。

このニュースのあらましを読んでも頭悪いからか、割りと多くの人が言ってる「これを美談にするのはおかしい」みたいな感想は出てこなかった。

あとからそういった感想を読んでもピンときませんでした。

 

彼女の選択を外野が非難するのはおかしい。

彼女は今回のことでいろんな経験をしたでしょう。それを将来活かすのか後悔するのかは彼女の自由。

 

さっき読んだ感想にはワタミだのブラック企業だのと絡めた感想をみました。

そういった感想を持つのはいいけど彼女とはまったく別のはなしだと思う。

 

今回のことは彼女が一番ベストだと感じた選択。今の彼女にとってベストが後々どうなるか、できれば知りたくもあるなーなんて

 

渇き。

渇き。という映画について。


映画『渇き。』予告編 - YouTube

品行方正だった娘・加奈子(小松菜奈)が部屋に何もかもを残したまま姿を消したと元妻から聞かされ、その行方を追い掛けることにした元刑事で父親の藤島昭和(役所広司)。自身の性格や言動で家族をバラバラにした彼は、そうした過去には目もくれずに自分が思い描く家族像を取り戻そうと躍起になって娘の足取りを調べていく。交友関係や行動を丹念にたどるに従って浮き上がる、加奈子の知られざる素顔に驚きを覚える藤島。やがて、ある手掛かりをつかむが、それと同時に思わぬ事件に直面することになる。

 

映画を2度見てから原作も読んで、ストーリーブック(元の脚本)も読みました。

それくらい好きな映画です。

 

まず、映画も元の原作もひどく暴力的です。エログロ、ドラッグ、ひどいです。

 

それらの描写を中島監督らしい切り替えの早い映像表現でスクリーンと耳をいっぱいにします。そんな映画です。

映画の冒頭から藤島(役所広司)が「ぶっ殺す」だの「くそが!」などのたまいます。そんな映画です。

藤島は娘を追い求めていく過程でひどい状況に自らはまっていってぼこぼこにされます。

もう一人の主人公「ボク」も似たようなもの。

みんな加奈子を追い求めずにはいられません。

 

主演の役所広司がなぐって殴られて、回想で追うもう一人の主人公『ボク』も殴られて、を画面の時間も光彩も、たまにアニメを交えたりしながら、ばらばらな映像で表現していきます。

そんな切り替えの早い、説明も薄い映像が流れていくから当然話もわけがわからなくなりますね。え、あれを殺したのは? 結局悪いのは? どの組織とどの組織が?

などなど、置いてかれること必至です。観た後原作を読むなり破壊屋さんのブログを読むなりしないと分からずじまい。

 

僕がこの映画を好きな理由は一つしかありません。そのわけの分からなさ具合です。

不親切で、粗暴で暴力的で、エロくて、たまに綺麗で心地いい。

 

なんだか現実の本質をついている気がします。現実もそんなもんです。

辛く厳しい。たまにご褒美をくれる。

 

僕らは生きている現実を「きっといいものだ」みたいな幻想を掲げておりますが、そんなことはありません。この映画だって100%フィクションとも言えない事案が多いです。みんな何かしら裏があります。偉い人はなにかしら悪いことをしてます。

昨今世間を騒がせるニュースだってひどいものばかり。

いま頭に思い描いたそのニュースだってひどいもんでしょう。

 

 

主人公の藤島は、娘の加奈子を追いかけるうちにどんどん深みにハマります。

それに観客の我々は追随していくしかない。ちらりと見える加奈子像を探りながらポップでキュートな暴力映像に心躍らせましょう。

そんな映画です。

 

でんぱ組.incの曲の使われ方が非常に暴力的でお気に入りです。必見


でんぱ組.inc「でんでんぱっしょん」MV【楽しいことがなきゃバカみたいじゃん!?】 - YouTube

 

主演女優の小松奈々さんも、暴力的に美しいです。笑顔がかわいくて黒い。スクリーン向きですね。

f:id:mementm0ri:20140723101227j:plain

 

この合法ドラッグの類な映画を逃す手はありません。みんなで映画館でうっとりしよう。

あ、あとこのMV思い出した。


Prodigy - Smack My Bitch Up (banned from mtv ...