読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクって生き方

あきまん氏が語るオタク論!人生で「自分の好きなモノ」を理解する重要性とは? - Togetterまとめ

 

自分は「なろう」と思ってオタクになったわけじゃありません。

もし選べるならこんな生き方はしないかもしれない。金も時間も食う。

 

わりと色んなジャンルにオタク的傾倒をしていますが、そのきっかけはカッコつけだとかコミュニケーションが目的じゃない。

確かに心揺さぶられる作品なり人の言葉がきっかけです。

 

今も忘れません。

映画をコンスタントに観るようになったきっかけはデビッド・リンチの「マルホランド・ドライブ」を観て頭を鉄アレイで殴られるみたいな衝撃をうけたからで。


映画『マルホランド・ドライブ』(原題:Mulholland Drive)予告篇 - YouTube

 

このことで後悔はしてません。

これきっかけでいろんな映画をみるたびにあらたな発見があって「そうだったのか」の連続でパラダイムシフトがたまらなく快感でした。

 

でもだからって映画を観ない人がダメだとは思いません。

映画を観て、そんな自分を心の拠り所にしている自分も居たので、映画なんて観ずともちゃんと自分を維持出来てる人はすごいと思うし尊敬する。

 

おたくの収集癖みたいなもので数を観ているのが偉いみたいな風潮もあって、内容より「観る」のが目的になっている人もたくさん知っています。

 

そういう自分の『好き』に自覚的な生き方もいいと思うし、『好き』が見つからないで模索するのも、ハナからそういうのに興味のない生き方もアリだと思う。

ってことです。