読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せも不幸も自業自得

だと思ってます最近。

 別にキンコン西野さんのファンでもないけど面白そうなので行ってきました。

じっさいに見てみないとわからない事ばかりだと思ってるので。人ととなりが見たいなーと。

 

予想通り、面白い話が聞けました。

もう清々しいくらいポジティブでした。西野さんは。

でもその中にも自分の立ち位置を理解していて、「最近のお笑い芸人はSNS介して普通の人と話したりして距離が近すぎる。そんなのはつまらんと。

 

確かにそうだ。ツイッターで話せる面白い人なんて友達にいるし、下手したら素人のアルファツイッタラーなりブロガーのほうがおもしろかったり。

 

それなら芸人にしかできないことをやって笑わせて欲しいですよね。で、それをやってる人こそ西野さんなのかなと。

で、出る杭じゃないですけどそういう人は叩かれたりする。でも本人は楽しんでる。「儲かってる」とかぶっちゃけてたし。

 

「嫌われる勇気」じゃないですけど、やっぱりどこか捨て鉢になって生きた方がリターンがでかかったりする場合もあるのかなーと。

 

あと面白いことを言ってるなと思ったのが「反省する奴は馬鹿」だと。

後々になって「ああ、あの時こうすればよかった」ってのは、自惚れだと。

その時はベストのカードを切ったんだから、それ以上を望むのは自分に期待し過ぎだって言ってました。

 

なるほど。そういう見方もできる。でも反省を次に活かすのは大事だとおもうけど、確かに必要以上に後悔するのは駄目ですね。ある程度は「あの時のベストはあれだった」と割り切るのも大切だな、と。

 

あとは、人付き合いで、その時はすぐ辞めてしまう部下の話だったけど、そういう部下がなんでやめてしまうかっていうと上司なりが「メリットを提示できなかったからだ」と。

尻を叩いて言うことを聞かせても、その時は動くけど後々になってつらくなると。

それなら仕事なりでもこの仕事をするとこんなメリットがある、俺と一緒にいるとこんなに楽しい、ってことを相手に教えてあげれば自ずと人はついてくると。

これはその通りですな。習慣とかでも、なんでやめてしまったかって言うとメリットを見いだせなかったからだ。勉強でも、わかると面白いってのはそれだけメリットが提示されたから。

これは面白いですね。

 

他にも「村をつくりたい」とか興行論とか色々考えてる人で感心しました。あと思った以上に口ぶりが優しい人だな、と。自分でも「俺優しい」って言ってたけど。

 

やはり生でその人の話を聞かないとわからないことばかりだと思った。

酒が入って、わいわい和やかな飲み会みたいな雰囲気で面白かったです。