渇き。

渇き。という映画について。


映画『渇き。』予告編 - YouTube

品行方正だった娘・加奈子(小松菜奈)が部屋に何もかもを残したまま姿を消したと元妻から聞かされ、その行方を追い掛けることにした元刑事で父親の藤島昭和(役所広司)。自身の性格や言動で家族をバラバラにした彼は、そうした過去には目もくれずに自分が思い描く家族像を取り戻そうと躍起になって娘の足取りを調べていく。交友関係や行動を丹念にたどるに従って浮き上がる、加奈子の知られざる素顔に驚きを覚える藤島。やがて、ある手掛かりをつかむが、それと同時に思わぬ事件に直面することになる。

 

映画を2度見てから原作も読んで、ストーリーブック(元の脚本)も読みました。

それくらい好きな映画です。

 

まず、映画も元の原作もひどく暴力的です。エログロ、ドラッグ、ひどいです。

 

それらの描写を中島監督らしい切り替えの早い映像表現でスクリーンと耳をいっぱいにします。そんな映画です。

映画の冒頭から藤島(役所広司)が「ぶっ殺す」だの「くそが!」などのたまいます。そんな映画です。

藤島は娘を追い求めていく過程でひどい状況に自らはまっていってぼこぼこにされます。

もう一人の主人公「ボク」も似たようなもの。

みんな加奈子を追い求めずにはいられません。

 

主演の役所広司がなぐって殴られて、回想で追うもう一人の主人公『ボク』も殴られて、を画面の時間も光彩も、たまにアニメを交えたりしながら、ばらばらな映像で表現していきます。

そんな切り替えの早い、説明も薄い映像が流れていくから当然話もわけがわからなくなりますね。え、あれを殺したのは? 結局悪いのは? どの組織とどの組織が?

などなど、置いてかれること必至です。観た後原作を読むなり破壊屋さんのブログを読むなりしないと分からずじまい。

 

僕がこの映画を好きな理由は一つしかありません。そのわけの分からなさ具合です。

不親切で、粗暴で暴力的で、エロくて、たまに綺麗で心地いい。

 

なんだか現実の本質をついている気がします。現実もそんなもんです。

辛く厳しい。たまにご褒美をくれる。

 

僕らは生きている現実を「きっといいものだ」みたいな幻想を掲げておりますが、そんなことはありません。この映画だって100%フィクションとも言えない事案が多いです。みんな何かしら裏があります。偉い人はなにかしら悪いことをしてます。

昨今世間を騒がせるニュースだってひどいものばかり。

いま頭に思い描いたそのニュースだってひどいもんでしょう。

 

 

主人公の藤島は、娘の加奈子を追いかけるうちにどんどん深みにハマります。

それに観客の我々は追随していくしかない。ちらりと見える加奈子像を探りながらポップでキュートな暴力映像に心躍らせましょう。

そんな映画です。

 

でんぱ組.incの曲の使われ方が非常に暴力的でお気に入りです。必見


でんぱ組.inc「でんでんぱっしょん」MV【楽しいことがなきゃバカみたいじゃん!?】 - YouTube

 

主演女優の小松奈々さんも、暴力的に美しいです。笑顔がかわいくて黒い。スクリーン向きですね。

f:id:mementm0ri:20140723101227j:plain

 

この合法ドラッグの類な映画を逃す手はありません。みんなで映画館でうっとりしよう。

あ、あとこのMV思い出した。


Prodigy - Smack My Bitch Up (banned from mtv ...