最近白石一文の小説ばかり読んでる

俺は基本的に年中小説を読んでるのであるが、最近はずっと白石一文の小説ばかり読んでいる。

白石一文は以前直木賞も受賞した作家なので、よく小説を読む人なばその名を知っている人も多いかもしれない。

白石一文 - Wikipedia

ちなみに、直木賞を受賞した「ほかならぬ人へ」は、白石一文にしては少し恋愛色の強い小説だった。基本的にどの小説でも恋愛色は強いが、この中編に限って言えばほぼ恋愛の話だ。

文句なしの傑作だけど、白石一文好きから言わせると物足りないのも確か。

俺は小説が読み手を選ぶと思っている派

自分は時たまオカルティックなことを考えると思うけども、その変な思想の一つが「創作物が人を選ぶ」というものなのです。

小説なり映画が、自分を楽しむに相応しい思想、哲学の持ち主を選んで、その人の前に現れると思っている。いや、そんなわけはないと言われるとそれまでだけど、時たま見たくて見たくてたまらないのに時間の合わない映画、どうしても用事が合わない観劇などを前にするとこんなことを思う。

しかもそういった都合の合わないフィクションは、少し時間が経つと全然見たくなくなるものだ。不思議。

白石一文の小説は基本エリートサラリーマンが主人公

白石一文は、デビュー作から一貫していつも高給取りのエリートサラリーマンを主人公に据えてきた。直木賞を受賞した「ほかならぬ人へ」は実家が金持ちなものの、本人は一般的なサラリーマンだったことも、あの作品が他と違うと思う所以でもある、

エリートサラリーマンから見える世界を通して、読者は「死生観」とか「恋愛観」を読み取る。基本的に金銭的に満ち足りている主人公だからこそ、純度の高い思想で読み手を楽しませる。あああと「仕事観」も読める。

俺は今仕事とか恋愛で悩んでるのかなーなんて思った

白石一文の小説の要素すべてが楽しい。

普遍的な死生観から、仕事観、恋愛観に至るまで、すべてが今の俺にジャストミート。楽しくて仕方ない。

ということは、俺は今「死生観(これは前から)」「仕事」「恋愛」のことをいつも考えてるってことだ。

上で書いた、「創作物が人を選ぶ」のがめちゃくちゃ当てはまっている気がしてしまう。「私という運命について」をもっと以前読んだけど、その時よりもっと楽しい。

あの時も今も「なんとなく」で読んでる。前は「運命について知りたい」と思っているときに本を手に取った。今は、「今後の生き方」を考えた時、再び白石一文の本を読もうと思った。

無理くり成り行きに理由付けしてるのはわかってる。でも、そうでもしないと、今の俺を取り巻く理解不明な運命を処理できない。今後の不安と付き合っていけない。俺はいつも「死ぬのが怖くない」ことを繰り返し言ってる。

でもこれは、死ぬのが怖いことの裏返しだ。本当に死ぬのが怖くない人は、死ぬことについて考えない。

でも白石一文の本にあったように、死から自分を遠ざける生き方は間違いだ。もっと死と適切な距離感で、幸福を享受するべきなんだ。死ぬのが怖いも怖くないもない。

寝る前の歯磨きみたいに当たり前のものとしていくこと。これこそが幸福なんだと思う。

 

白石一文について考えてたら生死の話になった。