俺の望まざる転機

良いお題なので、久しぶりにブログを書いてみる。

「転機」が訪れたのはいつ?

ということらしい。ふむ、転機…。

他の状態に転じるきっかけ。「人生の転機」「一つの転機を迎える」~goo辞書~

自分の転機を考えた時思いつくのは、周りの人は聞き飽きてるだろうけど、6年ほど前「事故」にあったことだ。

バイトに自転車で向かう途中の俺は、速度制限を無視した車に轢かれた……らしい。

らしいというのは、その前後記憶が無いからで、記憶が無いからには、後から聞いた話を自分で脚色作業するしかない。

ちぎれた記憶の脚色作業、あーたしかこう

…ってか。

その事故で俺は脳から血を出して、鎖骨肋骨尾てい骨その他諸々が粉砕した。

頭も身体もリセットしたわけだ。うむ、ここが間違いなく俺の転機。

学校を卒業してぶらぶらしてた俺、事故る

事故当時の俺は、専門学校を卒業したくせに専門的な仕事にもつかないで、喫茶店でアルバイトしていた。

実家に住まう、典型的な穀潰しだ。バイト先でバイト後も遅くまで酒飲んで、将来のことは考えないようにして。

その頃の俺は、日常を無理やりモラトリアムで塗りつぶしていた。

卒業後自由な時間が増えた俺は、以前にもまして精力的にバイトに勤しんだ。明確な目標があるわけでもなく。

そして夕方~夜にかけてのシフトに出るために、自転車を漕いでいた時のことだった。

俺は道路を右に曲がろうとして、俺の位置からは見えてなかった、右から直進してきた車に轢かれた。

その道は住宅街のど真ん中で、速度制限は20キロ。俺が脳から血を出すほどの衝撃を生むには、それなりに勢いと速度があったはずだが…。まあこのへん今となってはわからないし、もうどうでも良い。

その後から俺は2週間ほど意識が無い、意識が戻ってからも混濁した意識と戦った。

今思えばあれは臨死体験だ。当事者になってみると、まああんなものか、って感じだ。

USJのジェットコースターのほうが、よほど刺激的で非日常だ。

この体験で俺は、生と死の連続性を知る。生と死は表裏一体のものではないんだ。テレビ番組で言うところの、本編とCMみたいなもん。気づいたら始まってて、勝手に終わる。

人生なんてこんなもんだな、ってことを身をもって知った。

入院~リハビリ

入院中とかリハビリの話をしてるとキリがない。

左脳と脳幹、脳梁その他から出血していた俺は、身体を動かすどころか、呼吸すらままならない。自分の意志で何もできない状態が続く。

でも幸い、このときはまだ脳が思考に耐えられる状態じゃなかったので、あまり痛いとか苦しい記憶もない。

身体と脳の調子が戻ってくる過程で、俺はだんだん自分の状態を理解し始める。

「どうやら、とんでもないことになってる」

身体はうごかないし、小学生レベルの計算も解けない。

その頃俺はまだ20代そこそこ。今後何十年もこの状態が続くと思うと、ゾッとした。

その時明確に、こんな苦しみに耐え続けるなら死にたいと思った。

瀕死から命からがら助かって、周囲の人間も良かった良かった言ってるさなかで、俺は一人「死にたい」と思ったわけだ。なんだか皮肉だ。

この時また一つ学びを得た。

どれだけ恵まれた、祝福すべき状態の人でも、当事者は何らかの苦しみにあえいでいる。ふむ。

俺、自分と向き合う

入院中はずっと自分と向き合う作業だった。

お見舞いの友達や親が帰った後は、ひたすら孤独。

「もし、これからもこんな身体で生きるとしたら?」

「死にたい」

「もう、前みたいに歩けないのか?」

夜もずっとこんな調子で、マイスリー無しでは眠れなかった。

しかし若かったからか、行いが良かったのか、身体の調子はだんだんよくなってきた。

以前通りとはいかないまでも、70%可動は安定して取り戻した。

俺、一度死んだ気分で生きる

それからの俺は、以前のようなテキトーさで生きるのを辞めた。

周囲に感謝しながら、今できることをコツコツ頑張れるようになった。行動力がついた。

それと同時に、「どうせ一度死んだし」という力の抜け具合も身について、程よいバランス感覚を得たと思う。

事故の経験は、自分を深く見つめて、自分をより理解できた、これ以上無いいい転機だったと思う。

それまでの自分は、自分からも将来からも周りからも目を反らしていた。

今では、東京で一人暮らしできるくらいに回復したし、仕事にも満足している。

俺は望まざる機会で、自分と対峙したけど、今後行動しあぐねている若人には、「自分から目を逸らすな」って言ってあげたい。

自分を変えられる転機を見逃すなって。